夕日がきれいなレーミの最北端



この動画はレーミ・ビーチの端から撮りました。
最初にうつっている緑に覆われた丘は、モーホ・ダ・バビロニア(バビロニアの丘)といい、映画『黒いオルフェ(Orfeu Negro)』のロケ地になったところです。オルフェが「カーニヴァルの朝」を弾きながら太陽を海から昇らせるシーンが有名ですね。オルフェが住んでいた家は今は廃墟となってますが、面影は残っています。

ここからはコルコバードの丘やレブロンの先にあるドイス・イルマォンス(兄弟岩)も遠くに眺めることができ、夕方になるとカップルが夕日のなかで愛を語らうロマンチックなスポットです。皆さんもいかがですか?

b0175703_21441686.jpg

[PR]

by univerrio | 2009-07-09 05:28 | コパカバーナのビーチ

<< ドロガリア(薬屋)という店名の... コパカバーナ最南端の5つ星ホテ... >>