ガレオン=アントニオ・カルロス・ジョビン空港



ガレオン国際空港は、別名アントニオ・カルロス・ジョビン国際空港とも言います。アントニオ・カルロス・ジョビン(愛称トム・ジョビン)はボサノヴァの産みの親として有名な音楽家で、94年に亡くなりました。第2ターミナルにある石碑には、彼の代表曲のひとつである「ジェット機のサンバ」の歌詞がつづられています。

リオデジャネイロを眺めると
わたしの心は歌わずにいられない
懐かしくてたまらない
リオ、あなたの海、果てしない砂浜
リオ、あなたはわたしのもの

[PR]

by univerrio | 2009-07-30 01:15 | 便利情報いろいろ

<< マイケル・ジャクソン、砂の彫刻... 空港での両替(カンビオ)について >>