タグ:バス ( 3 ) タグの人気記事

空港バスがリニューアル(ガレオン国際空港T1編)

REAL(ヘアル)という会社が運行する空港バス=Frescão(フレスカォン)がリニューアルしたのでご紹介しましょう。簡単に言うと、今までの青+白の2色から、紺の1色になりました!
動画はガレオン国際空港第1ターミナルの到着ロビー外にあるバス乗り場になります。



ガレオン国際空港から、長距離バス・ターミナル「ノーヴォ・ヒオ(NOVO RIO)」、サントス・ドゥモン国内空港を経由して、コパカバーナの海岸線アトランチカ大通りを走ります。イパネマレブロンを通り、バッハ・ダ・チジューカ地区にあるバス・ターミナル「アウヴォラーダ(ALVORADA)」が終点になります。

★運行時間は5:30〜23:00、およそ30分毎の発車になります。
★料金は前払いで7ヘアル(約350円)、乗るときにドライバーさんに行き先をはっきり伝えましょう。
★終点のアルボラーダは、コパカバーナのずっとずっと先なので眠って乗り過ごさないようにしましょう。
★平日午前7〜10時のあいだは、アトランチカ大通りが交通規制のため一方通行になるので、その時間帯はバラータ・ヒベイロ通りを走るので注意しましょう。
[PR]

by univerrio | 2009-08-14 22:55 | リオの交通機関

空港バスがリニューアル(ガレオン国際空港T2編)

REAL(ヘアル)という会社が運行する空港バス=Frescão(フレスカォン)がリニューアルしたのでご紹介しましょう。簡単に言うと、今までの青+白の2色から、紺の1色になりました!
動画はガレオン国際空港第2ターミナルの到着ロビー外にあるバス乗り場になります。



ちなみに、Frescão(フレスカォン)は愛称なので、バス車体には書かれていません(念のため)。
また、第1ターミナルと第2ターミナルは渡し廊下でつながっているので、「あ、降りる場所をまちがえちゃった!」というときでも、10分ほど歩けば移動できます。荷物が多いときは、無難にタクシーで移動した方がいいかもしれませんね。
[PR]

by univerrio | 2009-08-14 22:54 | リオの交通機関

サントス・ドゥモン空港のバス乗り場

サントス・ドゥモン空港は国内線用の空港で(日本で言えば羽田空港)、セントロ(旧市街)地区に面しています。到着口を外にでてすぐ前にバス乗り場があります。
動画前半にうつる青・白のバスは空港間を走るエスプレッソ、後半の紺はリニューアルしたフレスカォンです。




↓エスプレッソ(EXPRESSO)の料金は4ヘアル(約200円)。こちらはリニューアルせずに青・白のままです。


[PR]

by univerrio | 2009-08-14 22:49 | リオの交通機関