タグ:リオデジャネイロ ( 47 ) タグの人気記事

セルバンテスの絶品サンドウィッチ!



コパカバーナでとっておきのお店「セルバンテス(Cervantes)」の名物サンドウィッチをご紹介しましょう。リオのグルメ・ランキングでも毎年上位にノミネートされるだけあり、はっきりいって美味いです。サンドウィッチはポルトガル語でもサンドウィッチ、フィレ・チキン・ターキー・ローストポーク・ソーセージなどからひとつ選び、ぶ厚いチーズ(ケイジョ queijo)とパイナップル(アバカシ abacaxi)付でオーダーしましょう。12〜14ヘアルとちょっと高めですが、ヴァレ・ア・ペナ(価値あり)です、ぜひお試し下さい!

b0175703_22594130.jpg

[PR]

by univerrio | 2009-08-28 23:01 | コパカバーナのレストラン

サントス・ドゥモン空港のバス乗り場

サントス・ドゥモン空港は国内線用の空港で(日本で言えば羽田空港)、セントロ(旧市街)地区に面しています。到着口を外にでてすぐ前にバス乗り場があります。
動画前半にうつる青・白のバスは空港間を走るエスプレッソ、後半の紺はリニューアルしたフレスカォンです。




↓エスプレッソ(EXPRESSO)の料金は4ヘアル(約200円)。こちらはリニューアルせずに青・白のままです。


[PR]

by univerrio | 2009-08-14 22:49 | リオの交通機関

地下鉄はメトロと言います



キップにはいくつか種類がありますが、メトロだけを利用する場合は、ウニターリオ(UNITARIO)と言います。改札横にキップ売り場があり、ウニターリオだと乗り放題で2.8ヘアル、約130円です(2009年5月)。
他に、インテグラサォンやエスプレッソと呼ばれる、メトロバスや電車の乗り継ぎキップもあります。きれいで安全なので大いに活用しましょう。

↓主な駅はこんな感じです。サッカーの殿堂マラカナン・スタジアムもマラカナン駅の目の前にあります。青色の1号線は、現在カンタガロ駅まで伸びています。
b0175703_2225846.jpg

www.metrorio.com.br/mapa-esquemático.pdf
〈メトロ運行時間〉
月曜〜土曜 5:00〜0:00
日曜+祝日 7:00〜23:00

キップ売り場 --- ビリェテリア(Bilheteria)
入り口  --- エンバルキ(Embarque)
出口   --- サイーダ(Saida)
[PR]

by univerrio | 2009-07-10 23:25 | リオの交通機関

リオデジャネイロのタクシー

リオデジャネイロタクシーについてご紹介しましょう(正確にはブラジル語で“タクスィー”と発音します)。各都市によってタクシーの色は異なるのですが、リオでは黄色に青色のラインが入っています。

日本と同じように、メーターをもとに料金を支払いますが、日本に比べるとだいぶ安いので(特に暗くなってから出歩くときは)大いに利用しましょう。ぼられることはまずありません。
初乗り料金は4,3ヘアル、現在のレートで約200円です。夜9時以降と日曜・祝日は、約20パーセントの割増料金となります。


[PR]

by univerrio | 2009-07-10 23:21 | リオの交通機関

シュラスコ付のポル・キロ・レストラン「シケイラ・グリル」



ブラジルではポル・キロと呼ばれる量り売りスタイルのレストランをよく見かけます。ポル・キロは“1キロにつき”という意味で、一枚のお皿になんでも好きなものをバイキング式によそって最後に重さを量り、その分の料金を支払うという分かりやすいシステムです。最初は肉だけよそっても同じ値段なんだとビックリしたのですが、肉でもなんでも安いブラジルだからこそ可能なんですね。

1.入り口で受付嬢から1枚のオーダー・シートを受け取る
2.お皿を一枚とる
3.好きなものをお皿に盛る
4.重さを量り、オーダー・シートに記入してもらう
5.席についてドリンクをオーダーする(オーダー・シートに記入、別料金)
6.美味しくいただきます
7.足りなかったら、また同じ手続きでおかわりします
8.満足したら、最後に出口でオーダー・シートを見せてお会計します

シケイラ・グリル
Rua Siqueira Campos, 16-b

シケイラ・グリルはシュラスコつきでキロあたり39,90ヘアルです。
すぐ向かいにはカへタォンという手頃で美味しいシュラスコ専門店もあり、こちらは食べ放題で平日31,90へアル、週末35,90へアルです。

b0175703_2129536.jpg

[PR]

by univerrio | 2009-07-09 06:08 | コパカバーナのレストラン

コパカバーナの薬局



薬屋さんはブラジル語で、Drogaria(ドロガリア)、もしくはFarmacia(ファルマシア)と言います。ブラジルにおける薬屋さんの普及率は世界でもトップクラスで、街中のあちこちで見かけることができます(動画は「パシェーコというチェーン店」)。
お土産にもちょうどいいプロポリスやガラナも薬局で買うことができます。

※いくつかの症例をブラジル語でご紹介しましょう。
風邪……ヘスフリアード、 熱はフェブリ
せき……トッスィ
下痢……ヂアヘイア
嘔吐……ヴォミト
コンドーム……カミズィーニャ
目薬……コリーリオ

b0175703_3523290.jpg

[PR]

by univerrio | 2009-07-09 05:43 | コパカバーナの薬局

ドロガリア(薬屋)という店名の薬屋さん



ノッサ・セニョーラ・ダ・コパカバーナ通りとボリバル通りの交差点にあります。
分かりやすい名前がいいですね(笑)。

b0175703_2137418.jpg

[PR]

by univerrio | 2009-07-09 05:41 | コパカバーナの薬局

夕日がきれいなレーミの最北端



この動画はレーミ・ビーチの端から撮りました。
最初にうつっている緑に覆われた丘は、モーホ・ダ・バビロニア(バビロニアの丘)といい、映画『黒いオルフェ(Orfeu Negro)』のロケ地になったところです。オルフェが「カーニヴァルの朝」を弾きながら太陽を海から昇らせるシーンが有名ですね。オルフェが住んでいた家は今は廃墟となってますが、面影は残っています。

ここからはコルコバードの丘やレブロンの先にあるドイス・イルマォンス(兄弟岩)も遠くに眺めることができ、夕方になるとカップルが夕日のなかで愛を語らうロマンチックなスポットです。皆さんもいかがですか?

b0175703_21441686.jpg

[PR]

by univerrio | 2009-07-09 05:28 | コパカバーナのビーチ

コパカバーナ最南端の5つ星ホテル「ソフィテル」



コパカバーナの最南端(イパネマ側)には、5つ星ホテルのソフィテル・リオデジャネイロがそびえ、アトランチカ通りをはさんでビーチ側には小さな漁師村とコパカバーナ要塞があります。
歩道には昨年亡くなった国民的歌手ドリヴァル・カイミの銅像が建てられ、道行く恋人たちを見守っています。

b0175703_21595631.jpg

[PR]

by univerrio | 2009-07-09 05:10 | コパカバーナのホテル

コパカバーナ・ビーチ沿いのトイレ・シャワー・ロッカー



ビーチトイレに行きたくなったときのための便利情報です。
ビーチで日光浴しながら飲む冷たいビールはとっても美味しいですが、トイレに近くなるのが困りものです(笑)。

コパカバーナのビーチ沿いにはドリンクやスナックを売る売店が立ち並んでいますが、その横にトイレが新設され、大変便利になりました。トイレのほか、シャワールームやロッカーも完備しており、とても清潔で安全です。歩道から地下に階段を下りていくと受付があり、そこでお金を払って利用します。

トイレ利用/1,5ヘアル
シャワー利用/3ヘアル (タオル+石鹸を別途4ヘアルで販売)
ロッカー利用/3ヘアル (最大12時間まで)
[PR]

by univerrio | 2009-07-09 04:24 | コパカバーナのビーチ